DENXブログ

同志社大学 電気情報研究会(DENX)の活動や日常風景などを紹介します。

DTM体験会をやりました!

こんにちは。前年度の広報の任期が終わって今年度から無職になりました3回生のTMNです。近頃寒暖差が大きいですがみなさま元気にお過ごしでしょうか。

今回は4月8日(日)に開催されたDTM(パソコンを用いた音楽制作)体験会の内容と様子をお伝えします。

続きを読む

【新入生向け】京田辺BOXの紹介

こんにちは、DENX広報のKJTRです。

講義が始まって1週間くらいですね。新入生の方は大学の雰囲気にも慣れてきたころでしょうか?

今回は、毎年混乱を招くことで有名な(?)京田辺BOXまでのルートと、そのBOXの紹介をしていきたいと思います。

BOXまでのルート

BOXは『京田辺別館』2階の"233"と"234"にあります。

f:id:denx:20180412200204j:plain
写真右側の奥が入口
↑『京田辺別館』2階の入口の写真です。南門から入ってすぐの建物ですね。ここから入ると分かりやすいです。入って左に曲がって突き当たりまで進みましょう!

すると・・・

f:id:denx:20180412201005j:plain

↑我らが京田辺BOX”233”と”234”です。

BOX233

f:id:denx:20180412201135j:plain

BOX233の様子です。233ではweb系やゲーム制作、機械学習などの作業をしている人が多く、主に”開発”という面で活動が活発です。講座やチーム開発での活動もここで行ったりするときもあります。分からないところなどあってもBOXにいる上回生に聞けたりするのでとても有益な環境です。 高性能なデスクトップPCも複数台あり、PCのスペックが足りなくて家でやりたいことができないよ~><という人にも安心の環境です!

また、昨年度と比べて増えた設備として""iMac""が挙げられます。

f:id:denx:20180412222653j:plain

液晶が綺麗でかっこいいです。

なお、意気揚々と紹介した手前ですがこのiMac、後日今出川BOXに運搬予定です。 iMacくん、今出川BOXに行ってもお元気で。

BOX234

f:id:denx:20180412225308j:plain

BOX234の様子です。234では1台のPCとゲーム機やホワイトボード、ボードゲームなどが置いてあり会員の憩いの場としての面が強いです。講義で疲れた時はここに来て一休み・・なんてこともできたりします!

また、昨年度と比べてPlayStation VRが増えました。 f:id:denx:20180412232010j:plain

最後に

BOXの場所が最初分かりづらいという声を聞いていたので簡潔にまとめてみました。これを見てBOXまで来てくれると嬉しいです。

そして、何よりDENXの魅力的なところは「質問ができる」という環境にあることだと思います。 なので、「興味はあるけど難しそうだし足踏みしちゃう・・」といった人は心配ありません!BOXに来れば上回生の人に何でも聞けます!

ぜひ各校地BOXに足を運んでみましょう!

【新入生向け】今出川BOX412紹介

こんにちは。 電気情報研究会(以下DENX) 新2回生のホンジョルノです。 新歓ブース期間も終わり授業も始まり,そろそろどのサークルに入ろうか決め始めた頃だと思います. 今このブログを見ているということは少なからずDENXに興味があるということ. そこで今回はDENX持つ3つのBOX(部室)の内の1つである今出川BOX412の紹介をします.

DENX今出川京田辺校地と違いBOXが一つしかないので、412には主流な過ごし方というものがありません。 例えば、ガリガリとゲーム開発のプログラミングをしている横で3Dモデリングをしている人がいたり・・・ かと思えばその後ろでTVゲーム勢が盛り上がっている、なんて光景が日常茶飯事です。 昼休みにはお弁当片手にご飯を食べにくる人もいますし、ちょっとした講義の空きコマに時間をつぶしに来る人もいます。 次に412内部の機材について紹介します。 まずデスクトップPCが2台、ノートPCが1台、さらにサーバーが1台おいてあります。

その中の一つである"Aoba"は、コンパクトな見た目にも関わらず「core-i7」「GeForce GTX1070」「メモリ8GB」と20万円相当のスペックを持つパワフルなマシンです! 当然、これもDENXに入れば使い放題です!更に4,5月にiMac・ペンタブなどと言った機材も設置されます!

また、どデカい61鍵のキーボードやマイク、オーディオI/Oといった作曲に必要な各種高級な機器も取り揃えています!

さらに巨大な4Kモニターとゲーム機も置かれていて、休憩に訪れた会員がよく遊んでいます。

以上、412のいつもの雰囲気や設備の紹介でした。  BOXにきてガッツリ開発するのもよし、ちょっとした休憩にゲームをしに来るのもよし、 非常にゆるくて和気あいあいとした部室です!  DENXに入会すれば、いつでもこれらの設備が使いたい放題な上に、これら機材や様々な創作活動に精通した先輩方から手厚いサポートを受けることができます。 日常のちょっとしたパソコンの使い方から、創作に関することまで、気軽に聞きに来てください! またBOXではいつでも見学や入部希望も受け付けているので、ぜひ気軽にお越しください! ボックスは同志社新町キャンパスの学生会館4階の412にあります.

それでは、新入生の皆さんのことを心よりお待ちしています!f:id:denx:20180413001341j:plainf:id:denx:20180413001339j:plain

【2018年度 団体紹介のお知らせ】

こんにちは、広報のKJTRです。春学期の講義もいよいよ始まりましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回は4/14(土)に行われる”2018年度 団体紹介”をお知らせしたいと思います。

新しくサークルへの入会を考えている新入生や現回生の方を対象としたDENXのガイダンスです。

「なぜ”DENX”という名称なのか」

「会員が制作した作品例」

「各講座のガイダンス」

など内容は盛りだくさんとなっておりますので、どなたでもお気軽にご参加ください!

要項

  • 日時:4/14(土)15:00~17:00(2時間予定)

  • 場所:京田辺校地 学生別館第10会議室

  • 内容:DENXについて、活動内容、年間スケジュール、各講座のガイダンス

また、団体紹介終了後に入会手続きを行える場を設けますので入会希望の方は入会費(3000円)と年会費(6000円)をご持参ください。

加えて、会員が制作したオリジナルゲームの試遊会も予定しておりますので、どんな作品を制作しているのか気になる方はぜひ遊んでいってください。

補足事項

  • 入退出は自由です。

  • 学生別館第10会議室の場所が不安な方は、当日14:45までに京田辺校地ラーネッド記念図書館前に来ていただくと現会員が現地まで案内いたします。

  • また今出川の学生の方に向けても、現会員が現地まで案内しますので当日12:50までに今出川図書館前にお集まりください。(※シャトルバスに乗るには学生証が必要ですので忘れないように気を付けてください!)

  • 団体紹介前の期間でも随時入会は受け付けておりますので、ご希望の方は各校地BOXまでお越しいただけるようお願いいたします。

【新入生向け】DENXってどんなサークルなの?

こんにちは、電気情報研究会(通称:DENX)新2回生広報のKJTRです。本記事では新入生の方に向けて、当サークルがどのような活動を行っているのか紹介していきたいと思います!

DENXの主な活動内容

DENXは主にPCを使った創作活動を行うサークルです。例を挙げると、プログラミングによるアプリ開発やゲーム制作、3DCG、音楽制作(DTM)、イラストなど広い分野で活動しています。

また、これらの分野が集まって1つの作品を作るなど会員間の交流も盛んです。もちろん未経験の人でも大丈夫です!5月ごろから始まる上回生による講座やチーム開発などで経験を積んでどんどん上達していきますよ!

DENXの主な活動

活動を一部紹介していきたいと思います。

合宿

DENXでは毎年、夏と春に合宿を開催しています。夏には3日間で集中的に1つの作品を作りあげる”ハッカソン”を、春には会員間の”交流”を深めるたのしいレクリエーションを行っています。

f:id:denx:20180323055020j:plain
夏合宿の制作物発表の様子
↑これは夏合宿で制作したゲームを発表しているところです。確かこのゲームの内容は”光るゴリラ”がジャンプする飛距離を競うという、なんとも言葉では表現しづらいゲームです(夏合宿の制作テーマのせい)。 とても面白いゲームでした。


f:id:denx:20180325023334j:plain
春合宿の様子
↑これは春合宿でテーマに沿った写真を撮るというお題です。どこかで見たことがあるジャンプのような気がしますが多分気のせいでしょう。とても文化系のサークルとは思えないジャンプで、これには光るゴリラもびっくりです。楽しそうな雰囲気が伝わってきますね!

同志社EVE

そして、11月に開催される同志社EVEです。

毎年DENXはこの同志社EVEに向けてゲーム、DTM、イラストなどその他様々な制作物を多数出展し、さらに去年は会報誌「FREE ADDRESS」も頒布しました。そしてなんとこの会報誌、年末に行われた冬のコミックマーケット93でも頒布しました!そのときの記事はこちらです。

f:id:denx:20180325032601j:plain:w300


最後に

もちろんこの他にもイベントは多数あります!気になったことなどありましたら、各校地のブース設置期間(今出川:4/2~4/6、京田辺:4/2~4/5)に来てもらえるとより詳しくご説明できると思います。

また、 https://line.me/R/ti/p/PBBY-GK4iX こちらのURLからLINEでDENX公式アカウントを友達追加して頂くと、新歓期間のイベントなどの情報を受け取ることができますので是非登録の方よろしくお願いします!

余談になりますが、私は1年前どの分野も全くの初心者でした。ですが、新歓講座やチーム開発などで上回生の方に教わって少しはスキルが身に付いたと感じています。 講座も少し堅苦しいイメージに感じるかもしれませんが、実際は和気あいあいとしていますよ!

長くなりましたが以上、DENXの紹介でした。新入生の皆様のご入学を心よりお待ちしております!

会則をGithubで管理するようにした話

こんにちは、DENX新4回生のガラガラと申します。前会長です。絶賛就活の闇に飲まれています。

なぜこの新歓時期に就活生がブログ記事を??と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、今回は会則をGithubで管理するという前例のない試みに挑戦したので、そこに至った経緯も踏まえ、ちょこっとお話しさせて頂こうかと思います。

Githubに上げた会則はこちら。 github.com

これまでの会則

まず先に、これまでDENXの会則がどういった状況に置かれていたのかをサックリと説明しようと思います。 以下を読んでもらえれば分かると思いますが、会則とは??と首をかしげてしますような悲惨な状況でした...。

昨年度までの現状

現在、DENXでは入部する際に会則への同意が必要ということになっているのですが、実はその会則、どうやったら閲覧できるのかをほとんどの部員が知らないという惨状でした。 理由はいくつかあるのですが...

  • 会則についての引き継ぎ資料が一切存在しない
  • 会則の保管場所・閲覧方法を明示した資料が存在しない
  • 以上の状況が改善されず当代会長が独断で管理していたため、情報共有が疎かになっていた

要するに従うべき会則を保守するためのルールが存在しないというクリティカルな欠陥が原因でした。

頭を悩ます差分管理

ルールが無いなら作ればよいのでは?という思われる方も多いと思います。 昨年度の私も同じことを考え、ルールの策定に乗り出そうとしたこともありました。

が、敢え無く断念。 というのも会則と呼ぶほどの大規模な文書データですので「どこに保管されるか」だけではなく「いつ・誰が・どの箇所を・どのように変更したか」という"差分"の管理方法もキッチリと決める必要があるのですが、それにまつわる嫌な...事件が...ありました。

実は本会則、2016年度に大規模な改訂が行われたのですが、その際に『旧会則と新会則の違いを一つ一つ手作業で洗い出す一日がかりの大作業』や『総会の場で長々と行われる旧・新会則の読み比べ』など、差分を把握するために恐ろしいほど冗長な作業が行われ、心身ともに酷く消耗するという凄惨な事件が起こりました。

「会則を保守するためのルールを決める」ということはこの差分管理問題と正面から向き合わなくてはいけないということであり、当時会長職で手一杯だった私は静かに目を閉じることで心の平穏を保つことしか出来ませんでした。

あぁ...どこかに文書データの差分管理が捗るオンラインサービスは無いものか......。

Githubでの管理を決断

天啓でした。

f:id:denx:20180325135938p:plain:w300

↑当時のTwitterの様子。(念のため顔は隠しています)

Githubとは、(語弊を恐れずに言うと)普通はプログラムのソースコードなどのバージョン(ここで言う所の"差分")をオンライン上で管理できるサービスのことなのですが、これを利用すれば「いつ・誰が・どの箇所を・どのように変更したか」を「文書データの本体」と一緒に「オンラインのWebページ上」で管理することができる...という寸法です。

当該ページはこちらから。

ご覧頂ければ分かると思いますが、GithubはトップページがReadmeになっているので管理方法も一緒に載せています。これで別途引継ぎ資料を作成する必要もなくなります。URL一つで文書全体が閲覧できるページにアクセスできるので保管場所の問題も解決し、なにより全ての差分はコミット履歴として漏れなく保存されます。

なぜ今まで使っていなかったんだ? と言わざる負えないレベルですべての問題が一挙に解決してしまいました。万歳!!!

管理の体制

ということで、実際にGithubで会則を管理するにあたってどのような点を気にかけているかを少し説明します。若干技術寄りな内容も含まれますがご容赦ください。

Githubの権限回り

Githubリポジトリの管理権限はすべてその代の会長が持つということにして、masterブランチへのpush権限は当代会長のみが持ち、その他会員は気に食わない会則条文にプルリクを飛ばすという形になります。

皆が好き勝手に手を加えられる状態になると「アニメのBlu-rayを無制限に購入しても良い」なんていう条文をこっそり追加する人が現れるかもしれないので...。

文書のファイル

会則の文書ファイル形式は最初 C#スクリプト(.cs) でコメントゴリゴリにしようかと思いましたが、流石に見づら過ぎるということと、もっと章節構造を容易に実装できるものが好ましいということでMarkdown(.md)にしました。

また、過去にPDFで配布された旧会則の文書ファイルが取っ散らかっている事も気になっていたので、アーカイブページを用意し、すべての会則を本Githubリポジトリで閲覧できるようにしました。

...とろこで『会則』の英訳って『Regulation』で合ってるですか?教えて偉い人!!

README

オンラインに公開するという事で、サークル内外どちらの人が見ても堪えるレベルを目標として体裁を整えました。READMEのフォーマット自体は以下のようなページを参考にしながら作成しています。 qiita.com

また、現会員向けの管理方法もREADMEに記していますが、これは「別途引継ぎ資料などは作成しない(作成しても同じリポジトリ内で管理する)」という方針を取ることで必要な資料が分散することを防止するという目的があります。

あともう一つ最重要な点ですが、READMEのトップには『かわいいGIF』を配置して視覚的幸福度を上昇させています。最重要です。(大事な事なので2回言いました)

2018年3月25日現在は以下のような感じになってます。かわいい。

f:id:denx:20180325140108g:plain:w300

まとめ

長々と語りましたが、以上がDENX会則Github管理までの顛末とその中身になります。

今回の件は完全に私の思い付きなので、もしかしたら何かしら問題が発覚するかもしれません(そもそも現在の会則は常時外部に公開しても良いものなのか・・・?)が、何か不具合が発生したらその都度改善を加えていこうと思います。

ただそんなことよりも DENXはGithubで会則を公開してるぜ! なんてイケイケな台詞を言えるようになったのは非常に嬉しい限りです。これからもさらにイケイケな仕組みを構築していけるよう善処しようと思います。

以上、ガラガラからのイケイケ報告でした。

冬のコミックマーケット93に出展しました

明けましておめでとうございます。先月をもって会長の任期が終わり晴れて無職となった前会長ガラガラです。数ヶ月後に迫った就活を考えると胃に穴が開きそうです。

今回は年末12/29-31に行われたコミックマーケット93にDENXが出展したので、その報告です。

コミックマーケットとは

コミックマーケット(通称:コミケ)とは日本最大の同人誌即売会のことで、恐らく皆さんも一度は耳にしたことがあるかと思います。

現在コミケは夏と冬の年2回、夏は毎年8月(盆頃)に、冬は12月(年末)にそれぞれ3日間開催されており、今回DENXは昨年12/29-31に行われた冬のコミックマーケット93(C93)の3日目に参加しました。

当日の様子

今回DENXは「同志社大学電気情報研究会」というサークル名で参加しました。(正式名称はやはり長いですね・・・)

朝8:00頃、コミケ会場である東京ビッグサイトに到着。

続きを読む